post

親子でプログラミング Scratchで動く絵本をつくろう!

親子でプログラミング Scratchで動く絵本をつくろう!

「Scratch」とは、MITメディア・ラボの研究チームが開発したプログラミングソフトで、世界中の教育現場でも広く利用されています。
今回は、この「Scratch」を利用して、スイミーを題材とした”動く絵本”を作りながら、ビジュアルプログラミングを体験していただきます。

イベントでは、【Scratchの使い方】【プログラミング的思考】【二次元空間の捉え方】を楽しみながら学んでいただきます。

また、「プログラミングは初めて。。。」という方でも大丈夫です!
申し込みされた方で「Scratchをしらない」「Scratchを触ったことがない」という方々に向けて、初心者向け特別講座「Scratchとは?」(13:00~13:30)も開催いたします。

追加料金無しの、任意参加とさせて頂いておりますので、是非ご活用ください。

2020年のプログラミング必修化に向けた入口として、親子で楽しくプログラミングを体験してください!

■日時
2018年12月1日(土) ※ 13:00~受付開始
13:00~13:30 特別講座「Scratchとは?」(任意参加)
13:30~16:00 Scratchで動く絵本をつくろう!

■定員
先着順8組まで(親子で参加下さい)

■参加費
1組2名2,000円

■対象
小学3年生以上を推奨

■持参して頂くもの
ノートパソコン(Window or MAC)

■会場
横浜アントレサロンセミナールーム(横浜駅徒歩4分)
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階

■お問い合わせ
お問い合わせは下記宛先までお願いいたします。
kumopro_peatix@kumopro.com

■講師
雲のプログラミング教室 真家(まいえ)

■教室の様子

■主催団体
雲のプログラミング教室
普段は大手IT企業で働く会社員がプログラミングやIoT/AIの教育を行っています。
プライベートな時間で企業や市、大学等から受託したプログラミングイベントを展開中です。
※団体の詳細は以下ホームページを参照ください。

toppage

 

1

 

post

社会課題解決×テクノロジー With アイ・シー・ネット株式会社

『社会課題解決×テクノロジー』社会課題解決を加速させるテクノロジーについて学ぼう!

開発途上国の知見とネットワークを生かし世界の課題を解決する起業家を輩出してきた、アイ・シー・ネット株式会社(http://www.icnet.co.jp/)様のイベントでワークショップ「IoTシステム構築のための電子工作」を行います。

昨年も協力させて頂いたイベントで、私たちも楽しみながら皆さんを応援させて頂いています。

【申込】申込はPeatixからお願いします。https://social-icnet.peatix.com/

【日時】2018年11月23日(金)12:30-16:30
【場所】JICA地球ひろばセミナールーム201AB (https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html)
【講師】赤堀 惇起氏(日本IBM)、雲のプログラミング教室(http://kumopro.com/)
【参加費】2,000円/1名(返金不可)

【プログラム内容】
セミナー:「社会課題解決に活用されているテクノロジーについて」
ワークショップ:「IoTシステム構築のための電子工作」(教育用コンピュータ ラズベリーパイを使用します)

【当日のスケジュール】
12:30-13:00 参加起業家による事業紹介
13:00-13:30 セミナ―「社会課題解決に活用されているテクノロジーについて」
13:30-13:40 休憩
13:40-15:40 ワークショップ「IoTシステム構築のための電子工作」
15:40-16:10 ディスカッション「社会課題解決にどうテクノロジーを活用するか」
16:10-16:30 ネットワーキング
※スケジュールが変更される可能性もございます

熱い思いを持った方、やさしい心を持った方、ただ楽しみたい方、どなたでもご参加可能です。
新しい知見とネットワークを作る場を、楽しんでください。